早起人 なむう の コーヒーと喫茶店ときどきカフェ

純喫茶好きな 早起人 なむう が喫茶店、カフェ、コーヒーなどを紹介するブログ

【喫茶店、カフェ】2018年に行って良かった喫茶店、カフェ3選

f:id:hayaokibitonamuu:20181231115524j:plain

こんにちは、喫茶店好きな 早起人 なむう です。

 

2018年も気になった喫茶店、カフェに行ってきました。

 

今回は、2018年に記事にした喫茶店、カフェの中から印象的だった店3件を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

DNPプラザ(市ヶ谷)

www.hayaokibitonamuu.com 

市ヶ谷にあるDNPプラザ内にある、活版印刷の金属活字がある珍しいカフェです。

シルバーに輝く金属活字の壁というのは、なかなか見ることができないのではないでしょうか。

金属活字の壁をを眺めながら、電子書籍の「honto」が置いてあるので読みながらなど、お茶ができます。本も売っているので、ブックカフェという感じです。

個人的には壁を眺めたいので通いたい店ですが、なかなか行く機会がありません。

たまにコラボイベントがあるので、通常のカフェとは違うときがあります。 

高級喫茶 古城(上野) 

www.hayaokibitonamuu.com

上野からも歩ける『高級喫茶 古城』。

高級喫茶といっても、コーヒーなど600円程度で飲めるので良心的な値段です。

ブログを始める前から何回も行っているのですが、2018年に記事にしたので載せました。

昭和レトロのゴージャスな店な作りは、この時代ならではの内装です。

昭和レトロな店は、建物の築年数が経ってたり、オーナーが高年齢で後継者がいなかったりするので、次々と閉店しています。

行こうと思っていても、いつの間にか店がなくなっていたりします。

このような店は、興味があったら早く行くのをおすすめします。 

スポンサーリンク

 

くら吉 本店(秋田県角館市) 

www.hayaokibitonamuu.com

秋田旅行に行ったときに、行ってみた『くら吉 本店』の茶房です。

お菓子も売っていて、店内の右奥に茶房があります。

こげ茶と白の落ち着いた内装で、人がいなければゆっくりできます。

午前中に行きましたが、観光客が結構いました。

桜の時期は大人気なので時期をはずせば、かなりゆっくりできそうです。 

スポンサーリンク

 

最後に

今回は、内装が印象的に残ったところを選んでみました。

『くら吉 本店』は、遠い観光地なのでもう行くことはないと思いますが、いい建物でした。

2019年も、喫茶店に行ってきます。